油について

有限会社TINOの設立のきっかけとなったのが、ミッシングリンクサプリメントの取り扱いでした。
そのミッシングリンクの主成分が脂肪酸であったことから、TINOは良質な油に関しての摂取を商品を通じて伝え続けています。
良い成分は油だけではありませんが、油を通してペットフードを見るだけでもいろんなことがわかってきました。


「体は主にどんな成分からできていますか?」と聞かれて、
タンパク質、そしてと答える人はどれほどいるのだろう?
 

油は種類ではなく“成分”を知る事が大切?<脂肪酸>
そもそも油は脂肪酸と呼ばれる成分を中心にできており、多くの脂肪酸の種類があります。

●必須脂肪酸
食べ物から摂取しなければならない脂肪酸でオメガ3系やオメガ6系と呼ばれる脂肪酸。
オメガ6系脂肪酸は、一部を除いてはほとんど不足することはありませんが、オメガ3系の脂肪酸は意識的に摂取させる必要がある脂肪酸とも言われています。
愛犬の場合は与えるドッグフードの中に含まれていなければならない脂肪酸なのですが・・・(*)
(*) アルファリノレン酸というオメガ3系の脂肪酸は、AAFCOが定めるドッグフードの必須栄養素とは認められていません。
 

必須だから!必須脂肪酸と呼ばれています。
重要:体はタンパク質や水以外に、油からもできています。
当然血液中にも存在し健康を維持するための重要な役割を担っています。
食事に含まれる油(の種類)を軽視してはいけません。
    

●「体のほぼ全体に油が含まれています=細胞膜」
体全体の細胞一つ一つの周囲を覆っているのが細胞膜です。
その細胞膜の主要な成分はリン脂質と呼ばれるもので、その材料には脂肪酸(油の 成分)が不可欠です。
ちなみに人の場合、約60兆個と言われる細胞の中で3分の1にあたる約20兆個の細胞は赤血球です。
赤血球の膜も同じリン脂質でできており、たった120日間で新しいものに入れ替わりますので、細胞膜の材料としていつも良質な油を摂取しておくことが重要になります。
ただし、体の部位によって必要とする脂肪酸は同じではないようです。
仮に、体のある場所の細胞が作られるとします。
その細胞膜の材料として必要な脂肪酸は決まっているにも関わらず、そのうちの一部が不足していたとすると、必要ではない脂肪酸も取り込みながら細胞膜を形成せざるをえなくなるという状況が考えられます。
細胞膜は細胞を正常に維持することに関わっているため、健全な細胞膜が形成されなければその組織全体が健全ではない状態となってしまう可能性があります。
つまり・・・
偏った油や劣化した油の摂取は、細胞の健康に影響します。
細胞が健全でなければ、いつどんな病気にかかってもおかしくはないのです。
 
 

人も犬や猫たちもオメガ6やオメガ9系の脂肪酸は十分に摂取できていると言われていますが、オメガ3系脂肪酸はいつも不足が叫ばれています。
偏らない良質な油の摂取が大きく健康に影響してきます。
   

●「体を健康に保つ機能も油が関係しています。」
脂肪酸(油の成分)は体の(=細胞の)構築材料=ビルディングブロックとしての役割以外にも、様々な健康維持に関係しています。
それはホルモンのような物質=プロスタグランジンを作り出し、炎症、痛み、腫れ、心臓、胃腸、消化酵素の分泌、腎機能、血液、アレルギー反応、神経伝達など体の様々な場所での症状や健康維持に関連し、体の機能を正常に保つことに役立っているのです。
 

 

 

 

ほんとうは慎重に取り扱いたい酸化しやすい油
ドッグフードのパッケージにも、オメガ3やオメガ6系の脂肪酸は皮膚や被毛の健康に良いという事が書かれていますが、どのドッグフードも脂肪酸が入っているから安心と言えるのでしょうか?

●たいへん酸化しやすい油
オメガ3系脂肪酸、オメガ6系脂肪酸などの脂肪酸はとても酸化しやすく、酸化した脂肪酸を与え続ければ病気につながる可能性があります。
ドッグフードもそのような原材料が含まれている製品なのです。

●酸化しやすい脂肪酸を含む製品の一般的な保管方法
酸化しやすい脂肪酸を含んだ油は、空気(酸素)に触れさせないことが大前提ですが、そのほかにも温度や光などの条件によって酸化が促進されてしまいますので、光や空気を通さない遮光性の高い袋や容器に密閉されていることがポイントとなり、高温にならない場所での保管も必要となります。
商品の開封後は酸素に触れてしまいますので、酸化防止剤としてのビタミンEやCなどが加えられていることも重要なのですが、長期間の保管となると酸化防止効果に限界があることも念頭に入れておかなければいけません。
ちなみにビタミンは、水溶性と脂肪性のものに分けられますがビタミンEなどの脂溶性栄養素は、いくら多く与えても体に何の害もないものだとは言い切れないかもしれませんので、単体でフードに加えたり与える際には念のため注意が必要です。

 

良くない油、危険な油。もしペットフードに含まれてしまえば確認するのは難しい!
アレルギーだけではなく愛犬が他の病気にかかった時、油が大きな要因のひとつとなる場合もあるのです。
ドッグフードには多くの油分が含まれています。だからせめて酸化した油や劣化した油など、悪い油のことも知っておくべきです。
良い油でさえも放っておけば酸化し、悪い油となるのです。

 

●油の酸敗(さんぱい)
油が酸化したり加水分解という反応を起こしたりして劣化してしまう事を言います。
劣化すると過酸化脂質(かさんかししつ)や他の有害物質を生み出し健康被害につながる可能性があるため、人では油を含む食品についての指標が設けられています。
それらは劣化の度合いを示す「酸価」、酸化の度合いを示す「過酸化物価」というものがあり、劣化や酸化が非常に進んだ油は中毒の危険性さえあると言われています。

●酸化した油
過酸化脂質と呼ばれます。
「過酸化物価」を調べる時にはこの過酸化脂質の量を調べます。
過酸化脂質が愛犬たちの病気につながっているとずっと以前から訴えている獣医師の先生(*)もいるように、酸化した食べものを動物に与えるべきではありません。
(*「愛犬のためのほんとの手作り食」著者 長瀬獣医師)

 

●腐らない油=プラスチックと呼ばれる油
トランス脂肪酸という脂肪酸です。
天然にごくわずか含まれているものもありますが、人間の都合で油を加工する際に生成するトランス脂肪酸を多く摂取してしまうと問題があるとされます。
1つは油のニオイなどを取る目的で、高温で加熱処理(精製)された場合に生まれてきます。
2つ目は不安定な不飽和脂肪酸を含んだ植物油や魚油を酸化や劣化などさせないため強制的に水素を添加することで生成されるトランス脂肪酸です。
水素添加された油というのは常温で固形を保っているマーガリンが代表的なものです。
水素添加された油を含んだ食べ物は2ヶ月間放置しても腐らなかったという有名な話があり、これがプラスチックと呼ばれる油です。

 

米国内事情
かつてからペットの先進国と言われる米国では、安価なペットフードに食品や飼料のレベルを下回った廃油(*1)やレンダリング(*2)された油が使用されているのではという情報もあり、それが動物たちの健康被害につながっている可能性があるということが指摘されてきました。
このようなケースでは、どれだけペットフードをきっちり保管したところで悪い油を食べさせることから愛犬たちを守る事はできません。
日本にも他国にも廃油やレンダリングの産業はありますが、仮におやつやトリーツを含めたペットフードにそのような油が使用されていたとしても、それを確認することは非常に難しいのです。
(*1)廃油とは、使用済食用油等を飲食店などから回収し再精製した油であり、石鹸・肥料・塗料・家畜飼料などの原料や工業用油などにリサイクルされた油の事です。
(*2)レンダリングされた油というのは、食肉業界では食用にならなかった内臓や脂肪を集めて加熱処理し分離された油脂のことで、これらも工業用油や飼料用の油として利用されています。 

廃油やレンダリング油の使用は、リサイクルの観点からは悪いものではなく逆に良いものですが、家族である犬たちが毎日食べるドッグフードに利用した場合には多くの問題を引き起こします。
日本のドッグフードも一定の規制ができ、以前に比べて全体としての安全性は高まっているはずですが、そのあたりのチェックまでは難しいのかもしれません。このような状況を知り、特に量販フードなどを与える場合は愛犬の健康状態ををよく観察しておくべきです。
世界のいたるところから輸入されてくるドッグフードは、業者でさえ把握しきれない上に、実際ガンや様々な病気に悩んでいる飼い主は今もなお絶えません。
体をよく掻いたり舐めはじめたり、体臭がひどかったり、皮膚被毛、耳、目などの体の表面の変化だけでも感じた時には、サプリメントも効果を発揮するかもしれませんが、フードも変えることがもっと必要かもしれません。

 

対策 できることから…
(※ただし、有限会社TINOがお勧めできる範囲に限られますのでご了承ください。)
①ドッグフードのニオイをかぐ
「ニオイは、重要な情報源の1つです。」
いつもニオイを嗅ぐ事で感覚的に劣化したニオイはある程度わかるものです。
ドッグフードの場合、種類やブランドによって原材料に違いがありそれらが一斉に加熱加工された時どのようなニオイになるのかは一概には言えませんが、少なからずあの独特なニオイに違和感を感じた人はいるのではないでしょうか? 
それがドッグフードのニオイなのかもしれませんが、種類によって差があることも事実です。
ドッグフードに含まれている油に関して酸化していない良質な油が含まれている場合は、製造直後の新鮮なものと時間が経ち酸化が進んだものとでは必ずニオイにも違いが出るはずです。
(酸化が進んだ場合、多くの犬は下痢を起こすかもしれません。)
仮に「開封してから長期間、いつまで経ってもニオイの変わらないようなドッグフード」があった場合はおかしいと思うべきかもしれません。
食べ物である限り腐敗すれば腐敗臭がし、酸化すれば酸敗臭がするため、ニオイを嗅ぐ習慣は愛犬の食の安全上大切なことです。 

②手作り食や手作り系の食事を与える。
ドライフードの中には、体に必須の脂肪酸とされるオメガ3やオメガ6なども含まれているというものがありますが、残念ならがそれらの脂肪酸は熱や光の影響を受けやすくたいへん酸化しやすい脂肪酸の為、加熱加工されるドライフードには不向きであることはまぎれもない事実です。
普段から酸化した脂質の摂取を避けるためには、その場で油を加える手作り食系の食べ物を与えるか、酸化に対してそれ相当の対策を取っている商品に限られてきます。
(同様に、劣化したタンパク質や) 

③新鮮でバランスのとれた必須脂肪酸をせめて毎日少量ずつでも摂取させる。
知らず知らずのうちに悪い油を含んだフードを愛犬に与え続けていれば、油を必要とする体の各細胞は全て悪い油で作られる事になります。それではもう遅いかというとそうではなく、体の細胞は新陳代謝を繰り返し常に新たな細胞に作りかえられているため、酸化していない良い油を含んだ製品をいつからでも加え始めることで、愛犬の体内の細胞は良い油を原料にして作られていくことになります。
ただし体の部分ごとに細胞が新しくなる(新陳代謝)日数に違いがありますので、少なくとも愛犬の変化を期待するためには一定期間以上与え続けなければ、どんなに良いものを与えても全く意味の無いものとなります。
  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


prescription viagra australia cialis australia melbourne viagra patent australia