Tripett(トライペット)   

Tripett(トライペット)    

「トライペット」とは、グリーントライプと呼ばれる胃袋とその内容物をシンプルに加工した有名な缶詰のブランド名です。

グリーントライプとは、ウシやヒツジなどの4つの胃を持つ動物の4番目の胃袋の呼び名です。
この製品は、グリーントライプの良さをできるだけ失わないためシンプルなまま缶詰にしたものです。
犬は他の動物の内臓を食べる肉食動物の仲間です。
犬がこの匂いや味を好きだという事に疑いの余地はありません。
それは、欧米の多くのブリーダーの常識でもあります。
まず、このにおいを知って下さい。
特に犬を愛する人は、このにおいに慣れて下さい。

人間にとっては「臭い(ニオイ)」ですが、
犬にとっては強烈に食欲を掻きたてる「匂い(ニオイ)」なのです。

この匂いを嫌いな犬は、まだ見た事がありません。


犬にとってのほんとうのご馳走
昔から欧米のトップブリーダーたちにとって、犬に与える最高の食材とされてきました。
本格的な手作り食の実践者達には、たいへんポピュラーで最高の材料であり、イギリスでは一般的なものとして認識されています。それはドッグフードが一般的になった現在でも同様です。

グリーントライプとは何?
 草食動物である牛(ビーフ)や羊(ラム)は、反芻(はんすう)動物と呼ばれ4つの胃を持つ動物の仲間ですが、グリーントライプとは4番目の胃の事を指します。唯一ここでは胃液が分泌され、消化が行われています。

なぜ胃を与えるの
 
もともと肉食動物は獲物(草食動物)の肉や内臓、骨などを食べますが、柔らかく食べやすいお腹の部分から食べ始めることが多いのは良く知られています。
 内臓のうち肝臓などは、様々な栄養素が蓄えられている栄養豊富な部位として、私たちも一般には認識しています。しかし、胃は粘膜と筋肉からできており良質なタンパク源ではありますが、特別栄養価値が高いという部位ではありません。
 では、なぜ胃を与えるべきなのでしょうか。
 胃には草食動物が食べた消化途中の穀類や草以外に、胃液や唾液、さらには(反芻動物の場合)微生物やその代謝産物など、多くの有益なものが詰まっているのです。まさにそれが、胃を与えるべき大きな理由なのです。

なぜ第4胃のグリーントライプがいいの?
 4つの胃を持つ反芻(はんすう)動物は、植物を食べる草食動物のため、私たちは植物の栄養を直接吸収して生きているのだと勘違いしがちですが、実際は反芻(はんすう)動物が食べた植物を利用してるのは胃の中にいる微生物であり、反芻(はんすう)動物自身は、胃の中で微生物が分解・発酵によって作り出した栄養素と微生物自体を栄養として取り込み生きているのです。牛や羊などが、いつも口をもごもごさせながら草を食(は)んでいる姿を見かける事がありますが、あの行為は、胃の中の微生物が食べた植物を利用しやすいように、繊維を砕き、唾液と混ぜ合わせている行為なのです。
 唾液と混ざり何度もすり潰された植物が、胃の中で微生物に利用され、それらが最終的に第4胃に送られます。
 グリーントライプと呼ばれるこの4番目の胃は、それらの微生物や微生物の分解・発酵によって十分に利用された植物が最後に送られてくる場所で、ここで消化液による消化が始めて行われます。つまりその場所は、小腸で取り込まれる直前の、もっとも吸収の良い栄養素が存在している場所ということです。
 すなわちグリーントライプは、胃の中の胃液なども与えるという点に大きな意味と価値があるのです。
 この有益な食材を、できるだけそのままのシンプルな状態で、いつでも多くの皆様にご愛用頂けるようにトライペットが開発されました。

グリーントライプを缶詰にしてしまうことについて
 グリーントライプは、昔から生のまま欧米で利用され犬の飼い主にも重宝されてきました。しかし牛や羊、シカなどの反芻動物は、胃のすぐ後に続く腸内に腸管出血性大腸菌(O-157)を保菌しており、場合によっては犬の健康だけでなく、人への感染にも十分な注意を払わないといけないのです。また生の状態では保存が悪ければ腐敗もしやすく、現在の日本の環境下では、胃の内容物も含んだ内臓を生のまま犬たちに与えることについては、あまりにも問題が多いと言わざるをえません。
 それらは、しっかりと加熱されるべきであり、加熱により失われた酵素などを補いたければ、それらは別に補うべきなのです。

このような時には是非ご利用ください
<嗜好性の高さを利用>
この嗜好性の高さは他では得られません!ドライフードに比べ良く食べてくれる缶詰製品ですが、その中でも群を抜いているのがこのグリーントライプです。
吸収の良い栄養素とともに、その最高とも言える嗜好性の高さ、匂いの強さを利用しましょう。

ドッグフードにからませる/手作り食に混ぜる
○夏場などの食欲が落ちる時期に。
○年齢(老齢)や環境の変化などであまり食べなくなった時に。
○フードを切り替えたいが食べない時に。または食べるか心配な時に。
○成長期に安定してパピーフードを食べてくれない時に。
○妊娠前後にしっかりとフードを食べさせたい時に。

トライペット(缶詰)に混ぜ込んでしまう
○健康=病気予防のため、栄養補助食品をどうしても食べさせたいが、食べてくれない時に。
○病気の時、食欲もなく、薬を飲ませたいがどうしても飲んでくれない時に。

与え方
与える量の目安(下記)かもしくは、トライペットをドッグフードに混ぜる割合の目安(下記)を参考に、今お与えのドライフードや手作り食に混ぜてください。

与える量の目安(1日量)
  5-15ポンド  (2.3-6.8kg)・・・・・1/5-1/3缶
15-30ポンド  (6.8-13.6kg)・・・・1/4-2/3缶
30-70ポンド  (13.6-31.8kg)・・・1/3- 1 缶
   70ポンド~  (31.8kg以上) ・・・・・1/2- 2 缶

トライペットをドッグフードに混ぜる割合の目安(メーカー推奨)
ドッグフード:トライペット(7:3)~ドッグフード:トライペット(3:7)の間で、ドッグフードとトライペットの割合を調整しながらお与えください。

開封後の保管について
開封後は賞味期限に関わらずお早めにご使用ください。
余ったものは、密閉できる容器に入れていただき冷蔵庫か冷凍庫にて保管してください。
(さらにラップなどをかぶせ密着させておくことで、乾燥や酸化も防げます。)

メモ
・トライペットは匂いがきつい分、嗜好性が非常に高いため、薬などを与える際にも利用できます。
・トライペットは安全性を高めるため、生のグリーントライプとは違い、十分に加熱処理されておりますので、内容は無酵素・無菌状態です。それらを補いたい場合は、適当なサプリメントなどを加える事をお勧めします。
・非常に嗜好性が高く、中には興奮してより勢いよく食べようとする場合も考えられますので、特に大型犬のGDV(胃拡張・胃捻転症候群)を普段から心配されていらっしゃるような場合には、食事を少量ずつ数回に分けてお与え下さい。

関連商品

viagra australia delivery cialis daily australia where can i buy dramamine in uk nexium 20 mg kopen acheter du propranolol aldactone achat en ligne